かな書道 白月会
滑志田 方ひつ

前のページへ

平成を振り返る (平成元年)

 昨年は私にとって辛い年となりました。
でも元号が変わりますね、心機一転頑張ります。今年も宜しくお願い致します。
この機会に「滑志田方ひつ、白月会(しらつきかい)と共に平成の30年」として
こちらに連載したいと思います。

かな書道 白月会を設立

 昭和63年までの師は田嶋方外先生でした。
そして、平成元年からの師は宮本竹逕先生となりました。

 白月会の名前の由来は塚本邦雄先生の「けさひらく言葉」より頂きました。

個展、七夕に寄せてを開催

 同年の8月に個展を開きました。

 未熟な私が個展などおこがましかったのですが、
宮本竹逕先生の書風を北海道の壁に飾りたい一心で、
関西かなを宜しくお願い致しますという気持ちでいっぱいでした。

2019年1月

前のページへ